細かい指定断裁や抜き加工(半抜き・全抜き・トムソン抜き)など、シールや製本などの加工 合資会社山口紙工所。

シール裁断・抜き加工

山口紙工所が選ばれる理由

山口紙工所では、なんでもお受けできます。
手間ひまがかかる細かい作業など、
他社でできない作業がありましたら、
一度お気軽にお電話でお問い合わせください。短納期で仕上げます!

個人依頼の方へ

名刺、チラシ、
会社ファイル、折り紙、 カタログなど
個人のお客様でもお受けします。
小ロットでのご注文OK!
リピートのご注文ならば、
さらにお安くします!

シール断裁・抜き加工(半抜き・全抜き)

山口紙工所が選ばれる理由「習熟度、経験が違います!」

加工前の断裁でその後の製品仕上がりに差が出ます。
紙の揃え方、押圧の強弱など、オペレーターの紙に対する習熟度、経験が要求されます。
大きな紙に印刷された紙の束を0.3mmのズレもなく揃えて次行程の作業がしやすい大きさに断裁します。
紙を数百枚単位で扱うにはかなりの技術と体力が必要です。

紙は生き物というように気温や湿度によって様相を変えます。
だから常に紙と会話するように仕事をしています。
そして紙の種類・特徴・クセについてのきちんとした知識に応じて正確に紙を断裁します。

カード、ラベル、タック紙、ユポ等の様々なサイズに対応。 ナナメ断裁、印刷前の生紙の化粧断ちも、きれいに仕上げます。

寸法精度が一番のポイント!オペレータの腕のみせどころです!

断裁工程では、寸法精度が一番需要。この工程でしっかりと正確な寸法を出さないと、断裁加工工程での誤差が生じてしまいます。ここで1mmずれると、折り上がった後には全体的に4mmほどズレが生じてしまうこともあります。
断裁機の歯や機械のメンテナンスを怠らない事が品質に繋がります。
まだまだ職人による手仕事が求められる仕事です。

断裁・シール断裁

断裁は印刷会社様から支給していただいた刷本を仕上げのサイズに切る工程です。弊社では品質向上のため、作業工程の入り口となる断裁において、非常に高度な精度を要求されます。大量の印刷物を重ねて確実な断裁をするため、熟練の技術と最新の設備で対応しております。
化粧断ち、大裁ち、小裁ち、等様々な断裁をお任せ下さい。

抜き加工

打抜機により、ポストイット、下敷きなどのなどのブッシュ抜きなどの綴物の抜加工まで、なるべく「つなぎ」をつけずに正確な抜加工を一度に大量にこなすことが出来ます。

半抜き・全抜き・トムソン抜き、全てお任せ下さい。
 

加工製品例

加工例1
加工例2
加工例3
加工例4
加工例5
加工例6
加工例7
加工例8

ご依頼の流れ

お電話でのお問い合わせ・お見積り・ご発注・作業・納品
1924年から続く長年の信頼と実績 「シール断裁なら山口紙工へ」
合資会社山口紙工所 TEL.03-3633-8106
お問い合わせはこちら